後手瓦詩織子のセレブチックなブログ

乗り物しげくとある花屋へって向かう葉月

乗り物しげくとある花屋へって向かう葉月は、その花屋で動く店長の六花に一目ぼれしてしまう。その大人な母親のフィーリングと透明感のある彼女に近づきたいがために、引き続き彼女がはたらく花屋「SHIMAO」でパートタイマーをすることになって仕舞う。

好きな彼女といういっしょに動けることに楽しみを感じつつ、六花が抱える心の奥底を分かることになる。六花はいわゆる未亡人であったのだ。

おんなじ花屋を通していた父親が疾病で先立たれ、その父親といったいっしょに仕事をしていた花屋を1それぞれで切り盛りしていたのだった。

あんな彼女を健気に思う葉月だったが、よっぱらった彼女を介抱しに彼女の実家へいくと1人の父親が立っていた。

父親がいるといったショックを受けていた、六花に父親のことを聞くと起こられてしまう。そうして、葉月はその父親こそが死んでしまった六花の夫だということを知って仕舞う。かくして、葉月という死んだはずの父親の幽霊との六花に関する奇妙な三角誘因が始まるのだった。

大人の母親のかわいがりたそれぞれに先立たれてしまった切なさや。目新しい色恋に関するヤキモキなど母親の精神を丁寧に描かれている品物だ。

大人のためのやるせない意志が居残る恋愛マンガなのでふっと先の伸長が気になって仕舞う、泣ける大人のためのマンガだ。

コメントは受け付けていません。