後手瓦詩織子のセレブチックなブログ

奥社会に通じる旦那たちのお喋り

奥社会に通じる旦那たちのお喋り。「カイジ」「アカギ」といったギャンブものを得意とする福本医師が描くからディープな奥世間のやつたちの話です。

「銀」本品物のヒロインです銀王室との異名をもつ奥世間のフィクサー平井銀二。初老ですにも関場合ず、その知恵は剃刀のように消える。ありとあらゆる要所に関して、方が考えないようなスタイルをし。人の心をよむことに長けている。そうして、値段を扱わせる仕打ちにおいてはおっかないまでの使い道を持っているやつです。政治実家にも独自の繋がりをもち、ヤクザからもお上述るこの男が、1人のやつに興味を持った。

それが「値段」もはや1人のヒロイン森田テツオであった。

銀二に会う前は、ただの博打クセの何をやらせてもダメな旦那ですた。但し、とある競馬のさなか降り注ぐゆがみ馬券が何故か値段が降り注ぐシーンに見えてしまう。

そんなときに魅入られるように銀二に声をかけられ奥社会に通じるバックボーンを受ける。

悪党たちが値段を牛耳る奥社会で、恋人のうわさを見抜き、勝ち抜く独自の嗅覚を持っていた。

カップルは壮大な願望を胸にして、奥社会で生きていく。

福本医師独自の世界観がみごとに描かれておる品物だ。

麻雀などの直接的な博打だけでなく、奥世間のやつとの話し合いに焦点を置かれています。

コメントは受け付けていません。